日野台幼稚園の歴史

  • Home
  •   »  日野台幼稚園の歴史

日野台幼稚園の歴史

1947年(昭和22年)12月、カナダの宣教師ストーン牧師の尽力により現在の土地が取得され、農村伝道神学校が設立されました。

4年後の1951年(昭和26年)4月に日野台保育園が開設され、農村伝道神学校の附属保育園としてスタートしました。

神学校の中に日野台教会が設立されたのですが、その後、農村伝道神学校は1957年(昭和32年)に鶴川に移転し、日野台教会がこの地に残りました。時代の変化とともに幼稚園の必要性が高まり、1959年(昭和34年)12月、日野台教会附属幼稚園として歩みを始めました。当園は、日野市で最初に認可された幼稚園で、当初からキリスト教保育を掲げてきました。子どもたちが、神様の愛に守られて、生きることの喜びを感じ、人間性豊かな心が育まれることを祈っています。